【速報】タグ・ホイヤー(Tag Heuer)、豪州でのタイガー・ウッズ広告ポスターを撤収

そして次から次へと出てきます、タイガー・ウッズのスポンサー関連ニュース。ゲータレードの製造停止、ジレットの自粛、そしてアクセンチュアの完全決別に続き、今回は時計会社「タグ・ホイヤー」。高級時計ブランドであり、世界No.4の売上を誇るタグ・ホイヤーは、時計としての「パフォーマンス、正確性、威光」をモットーとし、タイガーのイメージにマッチングさせていたのでしょう。


こちらも他社同様、新たな動きを取り始めているようです。


【関連記事】
タイガー&アクセンチュア、契約終了
タイガー・ウッズ&ジレット、イメージ使用を「制限」
タイガー&ゲータレード
タイガー・ウッズ人気急降下
ケニー・ペリー「アメリカの大半がやっていること」
「エンゼル役」パーネビックの怒りのコメント
周囲の反応(via Twitter)
タイガーの謝罪文
タイガーの最初の声明文
タイガーの事故を通報した110番音声
第2の不倫相手現る
タイガーの交通事故


ゴルフダイジェスト・オンライン

tigerwoodstagheuer1214.jpg
photo: TAG Heuer


オーストラリアの「Sunday Morning Herald」によると、同社は豪州内で販売する約100箇所の小売店に対して、タイガーのポスターを全て取り外すよう指示を出したそうなのです。


タグ・ホイヤー側は今回の指示はタイガーの一連のスキャンダルとは「無関係」であると言いつつ、外した後の代わりになるポスターやPOPもなく店舗運営者は混乱しているようです。


「撤収しました。でも次のものがないのに取り外すのはなぜだ?説明がなかった。でも、結局、私だってニュースを見ているし、その理由くらいは分かります」


とパースで時計屋を営むロン・スメイルズ氏。この店舗ではタグ・ホイヤーは月間約12本を販売していて、常に70本の在庫を抱えているのだとか。


タグ・ホイヤーは今後のスポンサー契約の方針を明らかにしていませんが、このような小さな動きは何かの前兆なのかもしれません。


ということで、こちらも見られなくなってしまうかもしれないタイガー&タグ・ホイヤーのCM。




PR

Access Ranking

Golf-aholic.com