これは当てたねぇ!米バニティ・フェア誌がタイガー「ヌード」を表紙に[画像あり]

これはお見事としか言いようがない。


アメリカの人気ファッション(エンタメ)情報誌「バニティ・フェア(Vanity Fair)」が、なんと、今月号の表紙にタイガー・ウッズのセミヌード写真を採用。


そして、この記事の見出しが


Tiger in the Rough(ラフにハマったタイガー)」


インパクトありすぎです。


タイガー・ウッズ関連記事】
AT&T、タイガーとの関係を「切断」!ホスト役も降板
ヘレン・アルフレッドソン、タイガー不倫知ってた
タグ・ホイヤー、タイガー使用を自粛
アーノルド・パーマー・インビテーショナル公式HPから外される
「'00年代最高アスリート」に選出
キャディ、「全く知らなかった・・・俺は雇われているだけ」
事故った車内にあった「物理学」本がamazonでバカ売れ
タグ・ホイヤー、タイガー広告ポスターを撤収
タイガー&アクセンチュア、契約終了
タイガー・ウッズ&ジレット、イメージ使用を「制限」
タイガー&ゲータレード
タイガー・ウッズ人気急降下
ケニー・ペリー「アメリカの大半がやっていること」
「エンゼル役」パーネビックの怒りのコメント
周囲の反応(via Twitter)
タイガーの謝罪文
タイガーの最初の声明文
タイガーの事故を通報した110番音声
第2の不倫相手現る
タイガーの交通事故


ゴルフダイジェスト・オンライン

最新のVanity Fair号の表紙がこちら。


tigervanity20100105.jpg
photo: Vanity Fair


上半身裸のタイガー。この写真を撮ったのはアニー・リーボビッツというポートレートカメラマン。リーボビッツさんといえばローリングストーンズのツアーをドキュメントした写真集(ローリングストーン誌)を撮るなど、これまでに世界的に知られている作品を多く残してきた女性フォトグラファーです。


そのリーボビッツさんが今回撮ったタイガーのセミヌード写真。このタイミングでこのような写真を表紙に使ったバニティ・フェア誌の編集としての決断はお見事としか言いようがありません。タイガーの肉体美は当然のことながら、いろんなことを想像させてくれる一枚です。


さらに、この写真は事故の前に撮っていたというからビックリ。まるで今回の一連の事故が起きるのが分かっていたかのようなタイミングでの撮影だったようです。


記事の中身もバニティ・フェアのサイトで読めるのですが、記事を書いた記者は「本当のタイガーを知ることは不可能であり、彼は中身の無い人生を偽るためにクリーンなイメージを作り上げてきた」という結論に至っています。かなりディープな内容になっています。


でも、この写真を改めて見ると、タイガーの肩、胸回りの筋肉、そしてインナーマッスルで盛り上がっている腹部。すごいことになってますね。


事件云々はさておき、とっても美味ですね、この写真は。


Vanity Fairの「Tiger in the Rough」記事はこちらから


====================================
【関連商品】
iconicon
ナイキエア ズーム TW 2009icon


iconicon
ナイキ ウオッシャブルウールロングスリーブ Vネックセーターicon

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com