タイガー記録塗り替えたダニー・リー、「不適切発言」で御用!?[動画あり]

8月に行われた「全米アマチュア選手権」で韓国生まれニュージーランド人のダニー・リーが圧倒的な強さで優勝。タイガー・ウッズが1994年に樹立した大会最年少優勝記録(18歳7ヶ月)を6ヶ月上回り新記録となった。


このリーという少年は、ヒューモア溢れるキャラクターで全米アマの優勝会見後にもおどけてみせた。しかし、つい先日、その陽気な性格が災いとなってしまったようだ。オークランド(ニュージーランド)の空港を出国する際、空港警備員に「不適切な発言」をしてしまい刑事処分を受けるかもしれない、とのこと。

dannylee1023.jpg
photo: progolferdigest


リーが何を言ったのかは明かされていないが、ニュージーランドでは航空安全上の法律が厳しく、これまでに銃や爆弾保持をほのめかす発言をした者は処分を食らっていた。


恐らく冗談半分で何かを言ってしまったのだろう。リーのキャラクターはあまり知られていないので、その一部を紹介しておこう。


・PGAツアーの「ウィンダム選手権」に招待選手として出場。プロのプレーを間近で見て一言。


「一番驚いたのは、彼らは思っていたよりピンを攻めていかないことだったかな。彼らはよくレイアップする。バーディを取りに行くかと思っていたら、パー狙いなんだよね」


ちなみに、このウィンダム選手権を優勝したカール・ペターセンのスコアは21アンダーなのだが...。リーは20位タイに入っている。


・全米アマ優勝をどうやって祝うかを聞かれ一言。


「ビールだね。。。嘘だよ。本当に冗談だよ」


・全米アマの最終日14番ホールで素晴らしいバンカーショットを見せたらしいのだが、そのことを聞かれ一言。


「クラブを真っ直ぐ振れば、ボールもピンを目掛けて真っ直ぐ飛んでいってくれるもんだよ。誰だって知ってることでしょ?」


・アメリカで最も好きなものを聞かれ一言。


「チーズバーガー。チーズバーガーが大好きだ」


ちょっぴりトゲのあるこの少年、全米アマの優勝で来年の全米オープン全英オープン、そしてマスターズの出場もあるかもしれないとのこと。今年一杯はアマチュアとしてプレーし、プロ転向は来年以降にすることを公言している。


周囲を驚かすような発言も多いが、プレーも自信に満ちたスタイル。長身から繰り出す豪快なスイング。パッティングもショートしないよう、オーバーを覚悟で攻めてくる。見ていて清々しい。


■Danny Lee Wins the 2008 Western Amateur


■U.S. Amateur Championship Match


性格を除けば、石川遼にどこか共通するところがあるのかもしれないですね...。


今回の騒動でまたしても名が広まったわけだが、次世代のスター誕生の予感がするだけに、じっくり成長していってほしい。来年のメジャー大会でトッププロたちとどういった戦いをしてくれるのか...。今から楽しみだ。

PR

Access Ranking

Golf-aholic.com